2007年11月27日

結婚を理由にした配転

結婚を理由の配転
多くの会社では、結婚を理由とした配置転換が慣習的に行なわれています。同じ職場に夫婦がいると業務に差し障りがあるというものです。どのような差し障りなのでしょうか?これは旧態依然とした「悪い慣習」と言わざるを得ません。
結果として女性のみを配置転換させる場合は男女雇用均等法に抵触し、会社の慣習として強制的に配置転換させる場合は権利の濫用にあたる可能性があります

同じ会社の社員同士の職場結婚の場合は、片方の社員を配置転換させることが行なわれ、その多くは女性に配置転換を迫る場合が多いようです。結婚後は家庭を作らなければなりませんが、配置転換により多くの負担を強いることとなり結果的に女性は退職せざるを得ません。またこのような退職させることを目的として配置転換をする場合も多いようです。

私の知り合いから聞いた話ですが、やはり同じ職場にいて結婚すると、女性のほうが配置転換されたそうです。
が、それを「仕方ない」と思う、当たり前の会社のやり方とみんなとらえているようです。
posted by dreque at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記