2008年02月14日

バレンタインデー★は★セクハラ?

職場の義理チョコが
ストレスになっていませんか?
という記事がありました。
バレンタインシーズンが近づくと、たいていの女性社員は「今年は、義理チョコどうしようかな?」と考えますよね。職場の義理チョコ・・確かに、恒例になっていてしまったらあげないわけにはいかないし、あげないと「何で今年だけ?」と気まずい感じもするかもしれません。
かといって、あまり好きじゃない上司に、チョコを上げるのもなんだか気が乗りませんよね。職場の人数が多いところでは、買いに行くのも大変★
でも、義理チョコが、職場の雰囲気をよくしたり、コミュニケーションをとるきっかけになることもあります。義理だと分かっていても、「女性社員一同の気持ちです」とチョコレートをもらえば、どんな男性は心が温かくなるのではないでしょうか。

しかし、義理チョコが慣習になり、「義務チョコ」化している会社も多いものです。たとえば、「課長以上は、毎年ブランド物の高級チョコ」「買うのも手渡すのも、新人女性社員の役目」
というように、暗黙の規律のある会社もあれば、
「今年のチョコはお粗末だったね〜」
「社長にも用意しなきゃダメ!」
と、せっかくのプレゼントにケチをつけられる会社もあるのでは?しかし、贈り主の心や気持ちを無視し、慣習だけが変な形で残ると、職場の人間関係に亀裂をつくる元凶にもなりかねません。
ところで、「会社で義理チョコをあげなきゃならないなんて、セクハラじゃないの?」と思う人もいるはずです。

見解は分かれると思いますが、義理チョコの慣習だけではセクハラになるとはいえません。セクハラとは、相手方の意に反した性的な言動によって、不利益を受けたり快適に活動できなくなることを言います。
たとえば、義理チョコやバレンタイン・デーをきっかけに、「君はボクに気があるのかな?」「今日は、彼氏と熱いバレンタイン・デートかな?」など、性的なニュアンスを含んだ言葉を言われて不愉快になれば、セクハラになります。

義理チョコって、いつからできたのでしょうか。
好きな人だけに、気持ちとしてプレゼントするべきものだったら、女子社員もどんなにか楽でしょう。。
あげるものにも気を使うんですよね。
安すぎても高すぎてもダメかなぁ・・と。。

とにかく、今日はバレンタインデー★
全国各地、ちょっと暖かい一日になりそうですね♪
posted by dreque at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | セクハラ