2008年02月22日

SA8000とは

SA8000とは(Social Accountability=会社説明責任8000)の略で、1997年に基本的な労働者の人権の保護を定めた国際的な規格とのこと。

SA8000は、下記の9つのテーマを取り上げ取り組んでいます。
児童労働の撤廃
強制労働の撤廃
労働者の健康と安全
結社の自由と団体交渉の権利
差別の撤廃
肉体的な懲罰等の撤廃
労働時間の管理
基本的な生活を満たす報酬
マネジメントシステム


SA8000は国際規格ですから、企業として取り組み、規格を満たすことで認証を受けることができます。

SA8000認証を受けた企業は労働問題に真剣に取り組んでいる証となりますので、就職や転職時の選別の判断や、取引をする際にも判断材料になるでしょう。

さらに、企業のコンプライアンス(法的遵守)が叫ばれていますが、一番の身近なコンプライアンスが労働法の遵守ですから、SA8000を所得していれば、企業のコンプライアンスも大丈夫だろうという判断にもなります。

国内小売業では2004年11月8日、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」のサプライヤー管理とイオン株式会社の本社業務において国内初のSA8000認証を取得したそうでひらめき

知人の話ですが、たくさんのアレルギー・アトピーも持っていて、食品はすごく気をつけないとすぐにアレルギーが悪化してしまうという人がいました。そこで、色々調べてみて、トップバリュー商品を食べてみると、トップバリューの商品だけは大丈夫だったそうです。
安い=悪い
のではないのだと、私の思い込みを反省しましたあせあせ(飛び散る汗)
環境にも力を入れているイオン。
子供が遊べる施設にも力を入れているのは、イオンですよね。
人のこと、自然の事を考えているからこそ、SA8000を取得できたのだとおもいますグッド(上向き矢印)
posted by dreque at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他