2008年04月13日

介護休業制度

いつも、子供がいる私の目線で書いているので、どうしても
子育てとの両立
病児保育
保育園
という問題に目を向けてしまいがちですが、
ご両親の介護をしながら働いている方ももちろんいらっしゃると思います。
または、子育てをしながら、親の介護もして、仕事も・・・
という方もいらっしゃるんではないでしょうか。

突然、自分の親が介護が必要になったら。。。
仕事はどうなるのでしょうか。
親の介護をしたいけど、すぐに休めますか?という問題ですが、

介護のために休みたい日の2週間前までに申し出ることで、対象となる家族1人につき、通算93日間の範囲内で介護休業を取ることができます。


育児・介護休業制度

育児休業は子どもが一歳になるまで、介護休業は介護をしなければならない家族がいる場合に三カ月まで、休める制度です。女性でも男性でもとれます。
現在、すべての企業、事業所で育児・介護休業制度の導入が義務づけられています。労働者が休業を申し出たら、事業主はこばむことはできないことになっています。休業期間中は、四割の所得保障があります。
また、勤務時間短縮などの支援策も盛り込まれています。
育児休業法は、「仕事と家庭を両立させたい」という女性たちの切実な願いと運動を背景に一九九一年に民間企業に働く男女労働者を対象につくられました(九五年に介護休業制度が加わり、育児・介護休業法に)。結婚・出産しても働きつづける女性が増えるなかで、もっと使いやすいように、と改善が求められてきました。昨年、育児休業部分を中心に法改正がおこなわれ、2002年4月から全面施行されています。

3ヶ月の介護休業。
子供はどんどん育っていき、1歳までという育児休業は、だいたいの予定を立てながら休暇を過ごせますが、
突然必要になった親の介護。
そして、その休暇が3ヶ月。
介護の状況にもよりますが、与えられた休暇が3ヶ月は短いですよね。。
しかし介護にはお金もかかります。
働かないわけには行きませんよね。

しかも・・1回限りなんですがく〜(落胆した顔)


posted by dreque at 00:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他