2008年08月28日

仕事と育児

女性が出産・育児のために離職した後、再就職しようとするときに直面する壁がある。
育児期の女性の多くはパート・アルバイトとしての再就職を望んでいますが、
「育児等の負担が少なければ正社員を希望した」とする人も多くいるようです。
このように「壁」の高さという観点からは、むしろ正社員としての再就職の方が課題が多いことがわかります。


結婚や出産にかかわらず就業を継続したいと望む女性がいる一方で、むしろいったん退職して出産や育児に専念し、その後に再就職をしたいという人々も多くいます。
結婚や育児を機に退職した後、現在再就職を希望する女性にその理由を尋ねたところ、45.3%が「収入を得る必要が生じたから」と回答し、「知識や技能を生かしたいから」、「社会に出たいから」といった理由を上回っている。このように、再就職希望が強まる背景には経済的要因があることがうかがわれます。
子どもを持つ女性の再就職に関する特徴として、実際に求職活動をしている人は少ないものの、求職活動をするには至らないが再就職希望を持っている人が非常に多いことが挙げられる。

また、再就職はしたいものの家事・育児負担から続けられそうにないとの見込みから、求職活動自体をあきらめてしまっていることもあります。

一番のネックは、いつおこるかわからない、
子どもの発病・発熱・怪我
などですよね。
職場からしてみると、「今日休ませてください」「今日から一週間くらいお休みしないといけないかもしれません」
という、ドタキャン状態となるわけです。
自分の熱や怪我なら、ちょっとくらいムリしても
出勤できますが、
子どもにはムリもさせられず・・
そんなところが仕事と育児の間での葛藤となっていると思います。
posted by dreque at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 産休 育休