2008年01月28日

育休の実際

産休・育児休暇の定義はわかりましたが、さて、実際に自分の子どもができたら・・・産休や育児休暇はとれるんでしょうか
ある程度大きくなるまで自分で面倒を見たいと思っているかたはとても多いと思います。
そこで産休について。私の知り合いの保育士さんの場合を例に挙げます。
やっぱり私立園は産休は難しいそうですが、それなら公立の公務員の場合は?それでも産休を3年もとるのは難しいのでしょうか?
また2人以上こどもができたとき産休は何年とれるんでしょうか??
やっぱり、自分の子供も育てたいし、仕事をやめたくない!女性にとって気になるところです。パンチ
ある人の答えは、公務員の場合それぞれの子どもについて、3年まで(3歳の誕生日の前日まで)育休がもらえますよ。ということです。実際に取っている人も居て、1人目の育休期間中、2人目を妊娠、続けて更にとって、合計5年取るという人も居るそうです。
同じ制度の下でも、それぞれの家庭の状況や、配属先の園長の考え、自分の考えによっても違います。

ちなみに産休と育休は違います。
産休は有給休暇、給与が出ます。産前産後8週ずつになっています。予定日前、8週と、実際に産まれた日から8週になります。だから予定日より早まると、期間が短くなってしまいますね!その8週を終えてからが育児休暇になります。
1歳になる前日までは育児手当が出て、掛け金なども免除されますが、その後は手当てが無くなり、掛け金(健康保険とか、組合費など)は払わなければならず、月々数万の出費になります。
その辺りの経済的な問題もあり、1年で復帰される方も多いです。

また他の、公立保育園に勤めている人は3年間とれますよとのこと。
一人目の時は、育休約1年、二人目の時は、同時期に3人の保育士が妊娠し、園長が「そんなにやすまれちゃあ、困る」と言い出してしまったそうで、何とか6ヶ月だけもらって、復帰しました。
私立の場合は、やはり、園長次第かもしれません。

育休のもらえる長さは、やっぱりその職場の上の人次第かもしれませんねグッド(上向き矢印)ふらふら
posted by dreque at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 産休 育休
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140421

この記事へのトラックバック