2008年03月15日

名ばかり管理職

『名ばかり管理職』
って、聞いた事ありますか?

十分な権限や裁量もないのに管理職として扱われ、残業手当も支給されないまま過酷な長時間労働を強いられるのが“名ばかり管理職”ふらふら

昔、父が、昇給したから給料が減って困った。

という事を言っていたのを聞いて、不思議だなぁと思ったことを覚えていますバッド(下向き矢印)

知り合いでも「今回旦那が昇給したんだぁ。だから残業代付かなくなって困ってるんだ。」
という事を言っていた人がいますモバQ

それこそ
『名ばかり管理職』! 


NHKのスペシャル番組で、このようなものがありました。

十分な権限や裁量もないのに管理職として扱われ、残業手当も支給されないまま過酷な長時間労働を強いられる“名ばかり管理職”。

入社9か月で管理職にされ24時間営業のコンビニ店を任された20代の男性は、人手不足のなか4日で80時間の長時間労働を迫られた。背景には、出店や価格をめぐる激しい競争の中、正社員の数は最小限にとどめその人件費も抑えたいという企業の思惑があるとされる。

法律が定める管理職の条件は「経営者と一体的な立場」「労働時間を管理されない」「ふさわしい待遇」の3つ。マクドナルドの店長は管理職かどうかが争われた裁判で、東京地裁は「店長は3条件を満たす管理職にはあたらない」と判断。同じように店長を管理職としてきたチェーンストア業界に衝撃が走った。労基署による摘発も相次いでいる。一方で3条件や判決に違和感を持つ企業は少なくない。現実の社会では管理職の概念はより広く解釈され、社員の「誇り」や「やりがい」にもつながってきたからだ。

ファーストフード店の店長が管理職に当たらないとされたことで、企業の考え方が変わることに期待したいですねパンチ
posted by dreque at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12506813

この記事へのトラックバック