2008年07月01日

副業は禁止?

労働基準法を補完する労働契約法が国会で審議されています。
そして、与党の案に対し民主党の対案が提出されました。
政治家にはわからない、「時代に合った労働環境」というものが今あります。
その、時代にあった労働法を作っていってほしいと思います。

もともと職業は自由であるにもかかわらず、労働者が就業する場合に企業は労働者の兼業(副業)を禁止することが多くあります。
今回の労働契約法の審議では、この兼業(副業)を禁止することを禁止することが盛り込まれているところが注目されます。

というのも、兼業(副業)を禁止するのは本業に重大な影響を及ぼす惧れがある場合というのが本質であるにもかかわらず、「就業規則で禁止できるから禁止している」という現状に問題があるからです。裁判においても、兼業(副業)の実態にかかわらず、就業規則に違反しているかどうか、が問われているからです。

兼業を禁止!
というのは良く聞きます。
でも、私たち主婦の間では
「バイトをかけもち」
というのは良くある事です。
短時間のバイトをいくつも上手くこなしている友達は、何人もいます。
「副業を禁止するのを禁止」する審議。
今の時代にあった労働環境を作ってほしいですね。

posted by dreque at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16533933

この記事へのトラックバック