2007年11月11日

保育園

ミツゴノタマシイヒャクマデ
といいますよね。3歳までって本当に大切!ってわかっているけど、何を特にすることもなく、長男は来月3歳るんるん
英語は「勉強」になってしまう前に、遊びで覚えられるうちに英語にふれさせたいな〜。とか思っていたし、音感が・・とか、何かと思っていたけどたらーっ(汗)
でも、3歳になった今、心の優しい子になってほしいなぁ。とそれを一番にのぞみますハートたち(複数ハート)
それに、今通っている保育園は公立なんだけど、英語の時間とか、毎週リトミックの日とかあって、そんな事まで教えてくれているので嬉しいグッド(上向き矢印)
友達の子どもが、そろそろ3歳。みんな来年から預ける保育園を選んでいるらしくて、私立・公立、保育方針、発表会の様子・・いろいろ悩んでいるようです。
石垣で私が保育園に子どもを入れようと思ったとき、
4月から入る保育園に出す願書が12月提出。その12月の時点で仕事していないといけない。・・え?!12月から4月まで、どうやって仕事しろというの?と驚きました。「4月から仕事はじめる見込み」では入れないと。めちゃくちゃだなぁ。と。
無認可保育園が高くて入れられないから、公立に応募するのに、無認可に入れて働け!と?それに、子どもが4ヶ月たってやっとなれた頃にまた保育園変更??
やっぱり石垣だけではなく、全国的に保育園足りません。

“待機児童”と呼ばれる保育園に入園できない子どもを生んでいるのが主に都市部での「保育園の不足」だ。共働きや家族の介護が必要な家庭では子どもが育てにくいため、保育園に預けることになるが、その需要が保育園の数を大きく上回るため、大量の“待ち”が生まれている。2006年4月現在で、全国の待機児童は23,338人。2001年からは政府が保育定員の増加を中心として「待機児童ゼロ運動」を進めているが、“働きたいが、現状では難しいので専業主婦をしている”という層が潜在的にあるため、新しい保育園ができるとすぐ定員が埋まってしまうことが多いようだ。待機児童の数については、調査で国が把握している数より実際はかなり多いとされています。
posted by dreque at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6668507

この記事へのトラックバック